除菌グレード性能について

 

 

・ 除菌濾過は原液をマイナス影響を及ぼさないように、微生物を除去すること。


・ ASTMF 838-05とは滅菌グレードの膜を評価するための一種の標準試験方法である。


・ 指標菌(Brevundimonas diminuta)を除去できる最低の濃度は107cfu/cm2であることを証明する。

 

 

 

 

 

バクテリアチャレンジ試験

 

 

 

 

 

第三機関によるバクテリアチャレンジ試験合格報告書